火災を未然に防ぐために

大型の商業施設や工場、それからビルなど、色々な人が出入りするような場所では、ちょっとした災害が大きな被害に繋がってしまう恐れがあります。
例えば小さなボヤでも、ビルの階下でそれが起きれば、上の階層にいる人たちは避難することが難しくなってしまいます。規模が大きな施設・設備だからこそ、わずかな災害でも大きな人的・物的な損害を生じてしまう恐れがあり、危険性が高いため、特別に防災処置を講じる必要があると考えられています。
防火対象物点検は、災害、特に火災を未然に防ぐために必要な処置の一つです。
防火対象物は消防法で厳密に定義されています。一般的には、火災が起きたときに甚大な被害をそれ自体及びその周辺にもたらす危険性のある建造物全般のことを指します。もちろん、一般の住宅や貨物用の倉庫も含みます。

防災対象物が、きちんと管理され、火災が起こらないようにあるいは火災が起こっても被害が最小限に留められるように備えられているかどうか、一年に一回、防火対象物点検資格者に定期点検してもらう必要があります。この定期点検を怠った場合、防火対象物の管理者は処罰を受けることになりますので、注意してください。
防火対象物点検は、固有の資格である防火対象物点検資格の所有者にしてもらう必要があるため、人材を用意する必要があります。
大型ビルなどでは、ビル管理業者に防火対象物点検を委託することで、毎年の点検を不足なく受けることができるでしょう。ビル管理業者は、防火対象物点検資格を始めとした消防関係の資格を所有するスタッフが多く務めており、防災全般に関して充分な処置が講じられるはずです。
必要な防火対象物点検を怠ってしまい、消防査察官の立ち入り調査でそれが判明した場合、処罰されることはもちろんビル内の企業の社外イメージも大きく失墜してしまいます。
そうならないためにも、ビル管理業者へのビル管理業務の委託を怠ることなく、防災意識を強く持つことをお勧めします。

オススメリンク

防火対象物点検について知りたいなら「防災サポート」